上履きの頑固な汚れを落とす方法は?黒ずみを白くするための洗剤や洗い方は?

上履きの頑固な汚れを落とす方法は?黒ずみを白くするための洗剤や洗い方は?

子供の上履きってどうしてあんなに真っ黒になってしまうのでしょう。

学校や幼稚園・保育園などで毎日履いていると真っ黒に汚れてしまいます。

週末家に持って帰ってきてゴシゴシ洗うけれども、一度黒くなってしまった上履きはなかなか白くなりません。

しかも毎日履く上履きだから臭いも…。

どうやって洗えば白く綺麗にできるのか。

我が家でやってみてよかった洗い方をご紹介していきます。

Advertisement

 

上履きの洗い方

上履きを洗うのって私が小学生の頃からずっと変わっていませんね。

子供の頃バケツでゴシゴシ洗っていたのを思い出します。

上履きを洗う時に準備するものは

●汚れた上履き
●靴用ブラシ
●バケツ
●洗剤

洗う時に使うのは靴用ブラシがおすすめです。

使い終わった歯ブラシなどでも大丈夫ですが靴用ブラシの方がゴシゴシ洗えて気持ちよく洗えます。

 

だけどゴシゴシ洗うだけでは毛羽立ちがひどくなり、黒い汚れはあまり落ちた気がしません。

 

頑固な汚れはつけ置きをしてみよう

上履きの汚れっていくら力を入れてゴシゴシやってみても、なかなか綺麗に落とすことができません。

それでもある程度は綺麗になりますので、これで十分!という人はいいですが、やっぱり白く綺麗にしたいですよね。

そんな時は、つけ置きをしてみましょう。

つけ置きをするには漂白剤などでも大丈夫ですが、上履き用のつけ置きの洗剤などもあります。

 

 

オキシクリーンが優秀

上履き用のつけ置き洗剤はいろいろとありますが、私のおすすめはオキシクリーン。

オキシクリーンひとつあれば、普段の洗濯や洗濯槽の掃除などにも利用できてとても便利です。

 

 

 

つけ置きをしなくても綺麗にできる洗剤は

つけ置きなんて面倒臭い…。

なんて時もあります。

そんな時に我が家で活躍しているのは「おひさまの洗たく くつクリーナー」

 

 

スプレーの泡タイプなのでとても使いやすい!

子供でも簡単に上履き洗いができます。

スプレーなので靴の中までしっかりと泡が届きます。

しかも泡タイプなのですすぎも泡切れがよくてとても楽なんです。

そして私が気に入っているポイントは…

光漂白!

光に当たることで干している間に白くなってしまうという魔法みたいで驚き!

いろいろと上履き用の洗剤は試してみましたが、これが一番気に入っています。

Advertisement

まとめ

上履きの黒い頑固な汚れを落とすのは大変。

しっかりと綺麗に落とすためにはたまにつけ置きを利用してスッキリ綺麗な白い上履きにしたいですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

暮らしカテゴリの最新記事