年末ジャンボプチ3等が当選しました!

持ち家と賃貸ならどちらがいいの?家を買って売った我が家が選んだのは賃貸

持ち家と賃貸ならどちらがいいの?家を買って売った我が家が選んだのは賃貸

私たち家族は今まで何度も引越しをしています。

2006年に結婚をしてから今まで6回引越しをしました。

夫の転勤などの引越しではなく自分たちで選んだ引越しです。

結婚をした時はお互いに仕事も忙しかったため

通勤しやすい場所に家を借りて、いずれマイホームを購入できればなという夢もあったりしたこともありました。

Advertisement

 

家を買おうと思ったきっかけ

子供が産まれた時は2階建てのアパートに住んでいましたが

子供の泣き声や物音などを心配して、1歳の時に一戸建ての家を借りました。

一戸建てなので子供の泣き声など近所に気にすることもなく快適でした。

ですがやはり賃貸ということで

子供が壁に落書きさせないようにとか床に傷をつけないようとか

毎日の生活でかなり神経を使わなくてはいけませんでした。

 

そんな毎日の生活で、我が家は夫は転勤などはない仕事をしていることもあり

どうせ長く住む予定であれば家を買ってしまおう!という事になったのです。

たくさんの中古物件をみに行きましたが

私たち夫婦の収入や資産の状況から市街地の便利なところの物件はローンを組むのは難しいだろうと…。

 

子育てするのに田舎の環境がいいという希望もありましたので

市街地からかなり離れた山の方で家を購入することにしました。

前に住んでいた人が綺麗に使っていた家で、屋根や壁やトイレもリフォームされたばかりで自分たちでリフォームする必要もないとてもいい物件を安く買うことができたのです。

 

持ち家のメリットは

私たちはローンを組まずに一括で購入できる家を探して買ったので

一度払ってしまえば住宅ローンもありませんので、家にかかるお金は全くありません。

トイレや給湯などの設備のすでにリフォーム済みでしたので

しばらく修理や修繕にかかるお金もない

しかも市街地から離れたところでしたので、固定資産税もビックリするほど安かったです。

さらに庭も広く週末はいつもBBQ!

田舎で庭も広くて子供ののびのび育てられる!と楽しい毎日でした。

 

引越しすることになったら持ち家はどうする?

約5年ほど持ち家に住んでいましたが

子供が小学校へ入学するとなった時、少し考えが変わりました。

 

小学校も近くにあるので家を買うことを決めたのですが

とても小さな小学校。同級生も10人くらい。

保育園からそのままみんな同じ小学校へ入学するので全員友達。

もちろんそのままでもよかったのですが、私たちが子供の頃は田舎でも子供が多い時代で同級生がたくさんいて

クラス替えでドキドキしたりして、とても楽しかった思い出があります。

 

やっぱり人数の多い学校へ行かせたい!と思うようになったのです。

引越しをするなら小学校入学前がよかったので、引越しすることを決断し

希望の小学校の近くで賃貸のマンションを借りることになりました。

それと同時に5年ほど住んだ家は売りに出すことに。

 

そして、家を売りに出してから約1年後に売れました。

最初はなかなか購入希望者もなく、本当に家は売れるのだろうか…

とすごく心配でした。

もしこのまま売れなければ、せっかく綺麗な状態にしていた家も傷んでしまうし、固定資産税も払い続けなければいけない…。

はやく買い手が見つかって欲しい!と祈る1年でした。

 

賃貸に住むメリット

賃貸の最大のメリット

自分たちの仕事や家族の環境の変化に応じてすぐに引越しできるということです。

家族で生活をするとなるとある程度の広さの部屋が必要になりますので、家賃は安いとはいえませんが、家の設備の故障などの時は家主さんの負担で修理をしてもらえることがほとんどですので、家賃以外に家にかかるお金はほとんどありません。

また最近では、水害や台風や地震などの災害も多く、もしずっと持ち家に住み続けていたら、自分の家が災害にあってしまったらどうしよう…という心配もあっただろうと思います。

今住んでいる賃貸マンションではそういう不安からも解消され、安心した落ち着いた生活ができています。

Advertisement

 

我が家が選んだのは賃貸

これは私たち家族の場合ですが

今の我が家の生活スタイルには賃貸で生活するのが最適だと考えています。

これからまた子供が成長して進学などによって環境が変わることもあるかもしれません。

そして自分たちが歳をとり年金をもらうような年齢になる時には、賃貸という選択は難しくなるだろうとも思います。

その前にまた自分たちが落ち着いて楽しく生活できる環境を考えていかなくてはいけないですね。

 

暮らしカテゴリの最新記事