国民年金保険料は2年前納・クレジットカード払いで2万円近くも節約できる!ポイントももらえてお得に

国民年金保険料は2年前納・クレジットカード払いで2万円近くも節約できる!ポイントももらえてお得に

私は個人事業主のため、夫の扶養には入っていません。

自分で国民年金保険料の支払いをしています。

国民年金って高い…ですよね。

そんな国民年金ですが、支払い方法によって少しでもお得に節約できる方法もあるのです。

 

2年前納ができるようになってから私も2年前納をは利用していましたが、最初はクレジッドカード払いができなかったため、支払い方法は銀行の口座振替のままにしていました。

ですが2017年(平成29年)4月分からは、クレジットカードでも決済ができるようになったのです!

Advertisement

国民年金は2年前納で節約しよう

国民年金は前納することで割引に!

平成30年度の保険料は1か月 16,340円となっています。

国民年金はまとめて払うことによって割引額が大きくなっていきます。

 

割引額は口座振替の方が大きい

割引額は口座振替と現金・クレジットカードと違っています。

実は口座振替の方が割引額は大きいのです。

 

【口座振替の場合の保険料額と割引額】(平成30年度)

●6月前納 96,930円 (割引額 1,110円)

●1年前納 191,970円 (割引額 4,110円)

●2年前納 377,350円 (割引額 15,650円

 

【現金・クレジットカードの場合の保険料額と割引額】(平成30年度)

●6か月前納 97,240円 (割引額 800円)

●1年前納 192,600円 (割引額 3,480円)

●2年前納 378,580円 (割引額 14,420円)

 

2年前納であれば、現金・クレカよりも、口座振替の方が1,230円割引額が大きくなります。

ですのでクレジットカード払いは嫌だという人であれば口座振替の方がお得になりますね。

口座振替の方が割引額が大きいというのもあり、私も今までは口座振替にしていました。

 

クレジットカード払いができるのは前納のみ

国民年金の支払い方法は3種類あります。

●現金(銀行・郵便局・コンビニ)
●口座振替
●クレジットカード

 

そしてまとめて支払う方法として

●毎月払い
●6か月前納
●1年前納
●2年前納

 

クレジットカード払いはまとめて支払う前納でしか使うことができません。

クレジットカード払いができるのは、6か月前納・1年前納・2年前納となります。

 

クレジットカード払いでポイントがもらえる

口座振替の方が割引額は大きくなりますが、クレジットカードのポイント還元率によっては圧倒的にクレジットカード払いの方がお得になります。

例えば還元率1%のクレジットカードで2年前納で支払いをすれば

[2年前納保険料:378,580円]

割引額は14,420円

還元率1%のカード払いで3,785円相当のポイント

14,420円+3,785円=18,205円

なんと約18,000円もお得になります!

ポイント還元率の高いカードほどお得になりますね。

 

クレジットカード払いへの変更手続き方法は

変更手続きはとても簡単です。

日本年金機構のホームページから変更手続きの書類をダウンロードして使うことができます。

→日本年金機構公式サイト

 

年金事務所の窓口にもあります。

必要書類はこの1枚です。記入をして年金事務所へ提出をするだけです。

年金事務所へ直接提出をするか、郵送でも受付をしてくれますので忙しい人や年金事務所が遠くて窓口へ行けないという人でも大丈夫です。

 

窓口で提出する場合は年金番号とクレジットカード番号・本人確認される場合もありますので、必要になりそうな物は持って行っておくと安心です。

 

クレジットカード変更で注意をすること

申込締切に注意しよう

●6か月前納(4月~9月分):2月末まで
●6か月前納(10月~3月分):8月末まで
●1年前納:2月末まで
●2年前納:2月末まで

2年前納であれば2月末までに変更の手続きをしておかなくてはいけません。

2年分というとかなりの金額ですので、変更するのを忘れてしまうと次はまた2年後となってしまいますのでもったいない!

2月末が締切だからと思って安心していたら忘れてしまいそうなので、私も早速年金事務所へ書類を提出してきました。

 

クレジットカードの利用限度額に注意

2年前納をするとなると、一度に40万近い請求がくることになります。

そうなると注意しておかなくてはいけないのは、カードの利用限度額です。

利用限度額を超えてしまっている場合はもちろん決済することができませんので、その場合は現金払いとなってしまいます。

 

2年前納の場合は、4月中旬ごろに決済されることになりますので、カードの利用額に注意をしておかなくてはいけませんね。

カード限度額が超えそうな場合は、カード会社に増額を申込しておきましょう。

 

ポイントがつかないカードもある!

すべてのクレジットカードでポイントがもらえるわけではありません。

国民年金保険料の支払いではポイントがもらえないクレジットカードもあります。

実は私が今メインで使っているANA VISAワイドゴールドカードはポイントがもらえません…。

 

 

今はこの1枚を使ってマイルを貯めているため、このカードで支払いをしてポイントをもらいたかったのですが、つかないものはしょうがありません…。

 

今はほとんど使っていませんが楽天カードを使うことにしました。

楽天カードであれば還元率1%ですし、楽天での買い物にポイントも使えるのでもらっておいて損はありません!


自分が持っているクレジットカードが国民年金保険料の支払いでポイントがつくかどうかよく確認してから変更届を出しましょう!

 

節約カテゴリの最新記事